2017年度 JCI JAPAN 少年少女国連大使

21世紀となった現在も、世界では多くの人々が貧困や飢餓に苦しみ、世界各地で紛争やテロが勃発、人権や差別問題なども根深く残っています。2015年9月、国連は世界の持続可能な開発目標(UN SDGs)を策定し国際社会の発展と安定に向けて動き出しました。そんな中、日本青年会議所では、全国から30名の子供たちを選考し、ニューヨーク国連本部で研修を行い研修後、参加者の皆様には「JCI JAPAN 少年少女国連大使」として、出身地域にて国際社会が抱える問題と解決方法を発信し、国際協力の必要性を伝えて頂くこととなります。

2017年度も、志の高い30名の小学5年生~中学2年生のこどもたちが、東京とニューヨークの国連本部において、「世界平和、持続可能な開発(UN SDGs)」について学んで来られました。

2011年より、公益社団法人 日本青年会議所が主催する「JCI JAPAN 少年少女国連大使事業」ですが、2015年の縫谷涼花さんに続き、今年度も鳥取県から涼花さんの妹でもあります、縫谷春花さんがこの狭き門を通り少年少女国連大使として選抜に選ばれ堂々と、研修されたことを、ニューヨーク国連本部の皆様へ発表し、伝えて来られました。

そして、本日まず帰国後最初の報告先として、鳥取市の深沢市長のもとへ訪問し研修内容や感じたことなどを報告されました。

鳥取へ帰ってこられた今、少年少女国連大使として、これからこの因幡地域で何を一番していかなくてはいけないか? それは、国連で学んできた世界の現状や、活動の趣旨をどれだけの人々に伝えていけるかという事だと感じます。

春花さんの活動により将来、多くの人々が心動かされ行動の必要性を感じ、世界のより良い発展のために、そして国際社会で活躍していく人材が増えることを期待して、我々は全力で少年少女国連大使をサポートしていきます。

世界の国々の格差がもっと均等に安定することを願って。

(8月9日18:10より緊急内容変更がなければNHKニュースにて放送されます。)
(8月9日19:00より緊急内容変更がなければ60分おきに日本海ケーブルネットワークにて放送されます。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中